結婚式場の探し方や費用の分担はどうするの?

e0e3d678ec95aa0df3a0dbeece39af84_s

結婚が決まった皆さんおめでとうございます。
結婚式を楽しみにしている方も多いのではないでしょうか?
式を挙げる事が決まれば式場選びが必須ですよね。
式場選びってどこから手をつけていいのか悩んでいませんか?
式場への支払いってどうやってるの?
そんなお悩みにお答えします

スポンサードリンク

 結婚式場の探し方のポイントは? 

式場を選ぶポイントとして、まずは自分たちがどんな式をしたいのかをイメージしてみる事が重要です。
その上で自分たちの希望に近い所を数カ所選んでみましょう。

あまり式場の下見をし過ぎると選びきれずに迷う事が多いです。
候補を数カ所選んで回ってみるようにするといいでしょう。

式場を探すときのポイントとしては、

  • 式場の広さ
  • 式場の立地 
  • 式の日取り
  • 料金
  • サービスの内容

などでしょうか。

いつ頃式をあげたいのか、何人程度の挙式披露宴にしたいのかによって式場の場所をピックアップしてみましょう。

自分たちの理想の結婚式があるのであれば、妥協できない点をどの程度叶えてくれるかというのを確認してみるといいでしょう。

遠方からのゲストが多ければ宿泊とセットになっているホテルなどが楽だったり割安になったりという事もあります。

少人数で手作り感がある式が希望なのであればレストランウエディングなどを検討してみてもいいでしょう。

ゼクシーなどの結婚情報誌を参考にして大まかに候補をあげてみて数カ所回ってみるといいでしょう。

式場を選ぶ前に両親の意向を確認する事も重要です。
費用を自分たちで出す場合などは親は関係ないから二人で決めようと考える場合もあります

しかし、両親の意向なども考慮しないといけない場合もあります。
必要であれば両親も一緒に話しを聞いて貰ったり、実際に一緒に見に行って貰うのもいいでしょう。

 結婚式場を見学する時のポイントは? 

新郎新婦二人で会場の下見に行くと即決を迫られる可能性もあります。

気に入った会場であれば問題ないかも知れませんが、数カ所みて決めるのがおすすめです。

    候補が決まったら実際に会場に行ってみて次の項目などを中心にチェックしてみましょう。

  • 建物のロケーションや内装などはどうか
  • 持ち込み可能なものはなにか
  • スタッフの対応はどうか
  • ゲストの動線はどうか
  • どんなサービスが受けられるか
  • 料理は美味しいか

ゲストの方達に満足してもらえるかなどの点も気にしながらチェックするようにしてみましょう。


スポンサードリンク

 結婚式場の費用の分担ってどうするの? 

結婚式の費用は親が負担する場合と当人達が支払う場合があります。
支払いの方法としては最近は両家で折半する事が多いようです

両親が支払う場合は両家の話し合いで、当人同士が支払う場合は当人同士が”支払いどうする?と相談して決めるのが一般的です。

結婚式にかかる費用はお嫁に貰う側の男性側で支払うのが一般的という時代もありました。

しかし、今は多くの場合かかった費用から衣装代や引き出物代を抜いて人数割りというケースが多いです

衣装は女性側がお色直しなどで費用がかかりますが、自分で着るものなので自分で支払う。
引き出物も同じものであれば人数割りでいいですが、引き出物を別にするという場合もあります。

それぞれ違うものを引き出物にしたいという場合、必ずしも同じ金額とは限りませんし、引き出物の一人当たりの金額が同じになるとも限らないため自分側のゲストの分は自分で支払うケースが多いです。

両親からの援助がある場合などもありますが、その分はそれぞれ引くなり、これからなにかあった時の為の蓄えにするなどさまざまです。

見積もりを出して貰って検討するのが一般的ですが、結果的には見積もり額よりもかなりオーバーする事が多いです。

見積もりよりも100万程度多くかかるつもりでいるか、食事代など実際に頼む予定のものよりもランクアップして見積もりを貰って実際は予定通りのものを頼むなどの方法を取ると予算内に収まる事ができます。

お金の事なので相談しづらいという気持ちになる場合もありますが、これから結婚生活を送る二人にとって、今後もお金の事に関しての話し合いはとても重要になってきます。

うやむやなまま進めずにしっかりと話し合ってみましょう。

まとめ

二人にとって理想の結婚式というのをイメージし、理想の結婚式に近づけてくれる式場探しが大事です。

ブライダルフェアーなども多く行われていますので、予約を取るのは面倒かもしれませんが、いろいろ比較する為にも頑張って参加してみましょう。

費用は両家で話し合って分担するケースが多いです。
何をどちらの家が払うのかしっかり話しあうようにしてみましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です